東洋美食薬膳とは

薬膳とは

「中医学理論に基づいて作られた食事で、その目的は疾病の予防・病気の回復、そして健康を保つための美味しい食事である」と定義されています。
薬膳は中国伝統医学に基づいた食養生。食べ続けることが大事だからこそ美味しい食事だと定義されているのです。
薬膳の基本は自然との共存、毎日の食事を少し変えるだけでも体質が変わってくることを実感していただけると思います。

東洋美食薬膳とは

東洋=中医学だけでなく、日本、韓国などの伝統食や伝統医学に基づいて
美食=美味しく健全な食材を追求し
薬膳=それらを組み合わせたバランスのよい心のこもった食養のためのお料理

今まで薬膳は中医学、または漢方に特化したものしかありませんでした。

当協会はその垣根を取り除き、一般の方にももっと身近に、もっと気軽に、そして何よりおいしく楽しく続けられる食養生をお伝えしたいとこの協会を立ち上げました。

また薬膳だけでなく各界で著名な先生にもご協力いただき、漢方、薬草、薬膳茶、そして美味しい食養生を学べる場としてみな様のお役にたてるよう努力したいと思っております。

ビジョン

「食で未来の平和に貢献したい」
おいしいものを食べると自然と笑顔になる。
健全な人格の形成、平和な未来の創造に食養生で貢献したいと考えます。
東洋医学は自然との共存が最大のテーマ。
『身土不二』の思想に基づき、日本の農産物や伝統食も伝承しながら、よりよい食養生を追求し未来につなげていきたい。
たくさんの笑顔を作って世界の平和に貢献できたら・・・
そんな思いで笑顔の輪をつなげてまいりたいと思います。